道場作法

KidsRoll

道場の礼儀作法は、非常に重要な合気道の要素の一つであり、日本の伝統文化として深く根差しているものでもあります。稽古生は、単に技法を学ぶだけでなく、受け継がれた伝統に沿って敬意を払うことで、道場を神聖な空間として稽古を行います。

精神の修行、そしてマナーとしての礼儀作法は合気道の稽古の一部であり、そしてまた、日常の生活においても生かされるべきことです。 稽古生はお互いのランクに関わりなく敬意を表す。それは、対すれば相和すの合気の精神でもあります。

道場での稽古は、技術を学び達成感を得ることでの自分のエゴを満足させることではなく、稽古生が共に成長することで、学んだことを共有する。 稽古を共にする相手と自分は、刃物と砥石の関係でもあり、接することでお互いを磨き上げてゆくことです。自己の内側と外側、道場はいつでも礼儀と尊敬の規範を持って運営されています。添付の合気道道場エチケットをご参照ください。